ERPを企業が取り入れる「効果」と「重要性」を徹底紹介!

女性

ERPは勘と経験を分析してしてノウハウをデータ化する

打合せ

ERPを導入効果として期待されいるのが、企業内における資本の一元管理です。人材、資金、資材、時間など企業経営はさまざまな資本の組み合わせによって成り立っています。ERPを導入することで偏重が避けられなかった資本の最適投入が実現すれば企業運営におけるロスは最小限におさえられ、最小の資本で最大の利益を生む理想的な企業経営が実現します。
しかし、ERPの本当の導入効果は資本の一元管理ではありません。ERPを導入する最大のメリットは、これまで可視化できなかった資本を見える化し、管理できる点にあります。
企業運営において可視化できない資本は、非常に重要な意味を持ちます。具体的な例としては、社員で共有されているノウハウなどが、これにあたります。ノウハウは現場レベルでの企業運営手法そのものですが、具体的に可視化して管理するのは非常に困難です。マニュアル化を通じてノウハウの管理を行う企業は多いものの管理には限界があり、本当の意味で経営に重要な意味を持つ部分までは手が行き届かいないケースがほとんどです。
ERPはデータ管理を通じて個人レベルの活動まで把握します。労働時間や業務にかけるコストなど、これまでは個人の勘と経験に頼るしかなかった部分までデータ化できるので、フィードバックを通じたノウハウの掌握に大いに役立ちます。ERPを通じて集めたデータを人材育成に投入することで、人材育成に大きな効果がもたらされます。

最新情報

電話

ERPシステムの導入で合理的な企業経営が可能になる

ERPが聞きなれない人も多いでしょうが、これは企業経営を円滑にするための業務統合システムです。例えば財務会計や予算…

more
計算機

開発コストの削減が期待されるERP

期間管理システムとしてのERPに期待されるのが企業内における資本の有効活用です。リアルタイム管理を通じた一元的なデ…

more
打合せ

ERPは勘と経験を分析してしてノウハウをデータ化する

ERPを導入効果として期待されいるのが、企業内における資本の一元管理です。人材、資金、資材、時間など企業経営はさま…

more
TOP